登録団体一覧

JAグループ沖縄 JA沖縄中央会

代表者名
代表理事会長 大城 勉
SDGsへの
具体的な取り組み

●沖縄県農業協同組合中央会

本会会員や関係団体、協同組合等とのパートナーシップのもと、広く県民に向けて食や農(林漁業)、環境を切り口としたSDGsの普及啓発に取り組みます。
本県農業の振興、特に基幹作物であるさとうきびの生産振興を通して、生産者所得の向上や離島経済の振興、気候変動対策に貢献します。
役職員一人ひとりが協同組合の精神(相互扶助)のもと、SDGsを自分事として捉えて行動を起こし、シェアすることで取組みの輪を広げます。

●沖縄県農業協同組合

ゴール2「飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する」ため、農作物の生産のサポートや再生産可能な農家所得の実現に向けて取り組みます。
規格外野菜の販売、規格外野菜を使ったドレッシングや弁当の販売を行い、食品ロスの削減に取り組みます。
農家が安心して生産できるよう、特に女性や次世代を担う子供たちへの食育活動や食農教育活動を積極的に行い「食べて応援・作って応援」する消費者の輪を広げます。
子ども支援団体や子ども食堂、社協等へ農産物や手作り味噌の贈呈や、高齢者への生活支援サービス、生きがい活動に取り組みます。
移動購買車「あじまぁ号」の運用により、買い物弱者(交通手段を持たない高齢者等)を支援し、地域コミュニケーションの活性化や地域の見守りに取り組みます。
沖縄の豊かな海を次世代につなぐため、畑の周りに緑を植えることで赤土流出の防止に向けて取り組みます。
広報誌「あじまぁ」を通じて組合員や利用者へSDGsの普及啓発を行います。

●全国共済農業協同組合連合会沖縄県本部

幼稚園・保育園児を対象とした交通安全啓発ミュージカル、小・中学生を対象とした交通安全ポスターコンクールの開催、交通安全資材の贈呈等の交通安全に関する普及啓発を通して、交通事故による死傷者を減らします。
子ども支援団体へ食料品を贈呈し、沖縄県の子どもの貧困問題に貢献します。
県内スポーツ大会の開催を通じて、スポーツが持つ寛容性と尊厳(スポーツマンシップやフェアプレー等)による平和への寄与や健康増進、教育のほか、女性や若者、個人やコミュニティの能力強化に寄与します。

住 所
〒900-0025 那覇市壷川2-9-1 JA会館8F
電 話
098-831-5110(農政営農部)
H P
http://www.ja-okinawa.or.jp
PR動画

登録企業・団体一覧へ

TOP