SDGs OKINAWAグランプリ2021受賞

SDGs OKINAWAグランプリ2021受賞作品

課題テーマコース

課題テーマ1

身近なセブンで取り組む社会課題解決株式会社セブン-イレブン・沖縄

SDGs Okinawa 2021

チーム:レシート警察

沖縄尚学高等学校

渡慶次 アリス
加屋本 悠
白石 カレン
當間 ありさ
寺西 崚太朗

照屋 雄大
森下 未乃里

企業コメント

久鍋 研二

株式会社セブン-イレブン・沖縄 代表取締役社長

沖縄尚学高等学校【レシート警察】の皆さん、素晴らしい発表でした。身近な問題であるレシートの無駄を無くす為に、より深く考え、行動し調べる、全員で考えチームで取組んだことが良く分かる内容でした。セブン-イレブンも社会問題、環境課題の解決へ取組んでいますが、今回の取組みの様に深く考え、深化する事が、新たなイノベーションを生み出すことで、SDGsの達成につながると考えます。皆さんがSDGsに取り組む姿勢に私たち企業も学ぶべき点が多くあり、未来の沖縄を、未来の世界を、企業として、個人として一緒に創りたいと感じております。

アドバイザーコメント

坂田 道志

有限責任監査法人トーマツ 福岡事務所

レシートの電子化による紙削減という大きなテーマに対して、セブンイレブンさんと一緒に「今できることは何か」を考えて素晴らしい取組になったと思います。全国のセブンイレブンさんで電子レシートを導入した場合、地球約22周分の紙レシートが削減できるという推計結果は非常にインパクトがあり、ポスター等を通して皆さんの活動をより多くの人に知ってもらうことで、社会を大きく動かしていく予感がしました。今後も皆さんの活躍を期待しています!

TOP