登録団体一覧

新垣養蜂園

代表者名
新垣 勉
SDGsへの
具体的な取り組み

【南風原カボチャの交配用ミツバチの貸し出し】

南風原町役場とJAの共同事業
ミツバチの受粉により、生産性の向上は元より、糖度、形、腐りにくいの三点が揃う付加価値のついたカボチャを創出。ミツバチが農薬の影響を受けやすいため、農薬使用料の減少に繋がり水質の保護に役立つ。
SDGs:2.4 6.6 12.8 12.b 17.17

【首里ミツバチ・花いっぱいプロジェクト】

NPO法人 首里まちづくり研究会と協力体制 
地域の特産品とセットにした地域店舗との商品開発などによる周遊性の付加価値を創出。ミツバチがいることで農薬等の軽減、緑地並びに水源(※ミツバチは巣の温度調整のために水を飲み、安全な水が必須)確保に役立つ。ミツバチ教室やシードボールづくり、ミツバチさんぽ(昆虫視点でまちあるき)によって、持続可能な社会づくりを昆虫視点で学ぶことができる。
地域再生大賞 優秀賞 主催:地方新聞社・共同通信社
※地域の特産品を生み出し、売上の一部が寄付金になり首里のまちづくりへと活用される。
SDGs:4.7 6.6 8.4 11.4 12.8 12.b 13.3 17.17

【大名小学校ミツバチプロジェクト】小学校との連携【首里ミツバチ・花いっぱいプロジェクト】

那覇市教育委員会 環境教育部門 最優秀賞
学校の屋上にミツバチを設置。ミツバチの生態について学ぶことで、持続可能な社会づくりを考える基礎となる知識を得ることができる。
実際にはちみつの生産に携わり、商品化、販売までと経済活動を学ぶことができる。さらに、収益を元に校内の緑化を行い、果樹等を植えることで循環型の環境創出に努めている。
SDGs:2.4 4.7 6.6 8.4 8.9 11.4 12.8 12.b 13.3 15.1 15.4 17.17

恩納村PROJECT Bee】恩納村役場協力

赤土流出防止の緑肥で花による観光資源の開発と共にハチミツ採取を行い、特産品を生み出し、持続可能な農業スタイルの実現と自然保全を同時に行っている。
SDGs:6.6 8.4 8.9 11.4 12.8 12.b 14.1 15.1 15.4 17.17

【ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城敷地内にて蜂箱設置】

敷地内に蜂箱を設置し、採取されて蜂蜜を料理で使い、採蜜体験やロウソクづくりなどを通して多くの方へSDGsの啓発活動を行っている。
SDGs:4.7 11.4 12.8 12.b 13.3 15.1 15.4 17.17

住 所
〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1-29
電 話
098-884-0814
H P
http://www.aaa888.org/
PR動画

登録企業・団体一覧へ

TOP