登録団体一覧

オリオンビール株式会社

代表者名
代表取締役社長兼CEO 早瀬 京鋳
SDGsへの
具体的な取り組み

(1) 環境


① ビーチクリーン活動:全グループ社員及び家族を対象とし、年 4 回のビーチクリーン活動を行っている。プロジェクトマナティとの連携により毎回 100 名前後が参加し、県内約 10 ヶ所のビーチで一斉清掃を行っている。
② ゼロエミッション活動:2016 年以降、ビール類の製造過程から出る全ての廃棄物(年間平均約 5,000 トン)をリサイクル・リユーズすることによりゼロエミッションを達成している。琉球大学等の研究機関と連携し、残渣の有効活用法について共同研究を行っている。

(2) 教育

① シングルマザーキャリア支援事業:「子どもの貧困」にも大きく影響するシングルマザー家庭の所得向上を目指し、県内のシングルマザーのキャリアアップ支援を行う。2020 年には休眠預金活用事業の採択を受け、貧困やシングルマザー家庭の実態調査、琉球大学との共同研究をスタート。
② 子どものキャリア教育事業:2016 年より経済的な理由で修業が困難な学生に対し、返済義務のない奨学金を給付している。グループ各社において地域の小中高校との連携を図り、各種体験学習の受入れや講師派遣を行っている。
③ 女性活躍推進活動:社内プロジェクトとして、社員意識調査・課題抽出(男性育休100%・残業軽減によるワークライフバランスの確立・女性管理職登用率アップ)等の取組みの立案・実施により女性が働きやすい環境づくりを行っている。

(3) 技術革新

① 地産地消を軸とした商品開発:2020 年以降、沖縄県内の経済成長に寄与するため、沖縄県産品を原料とした酒類の開発技術の向上に注力している。
② 地域産業との連携による循環型商品の開発:ドラフトビールの原材料に伊江島産大麦を採用し、農家との連携により大麦の生産量向上に取組んでいる。また大麦の生産を名護市、南城市に展開し産業活性化を図る。

(4) 首里城再建支援

① 首里城再建支援デザイン缶による資金造成/イヌマキ育樹活動:2019 年より首里城再建支援デザイン缶を限定発売し、1 缶から 3 円の資金造成を実施。この資金を基に首里城建設資材となるイヌマキの育樹活動を行っている。
② 首里城うむいの燈プロジェクト:2020 年、首里城焼失から 1 年の節目に各種イベントを実施(県内 17 社が参画)。改めて県内外に向けて首里城再建支援の啓発を行った。本イベントは今後、首里城再建まで継続して行っていく。

住 所
電 話
H P
PR動画

登録企業・団体一覧へ

TOP