登録団体一覧

株式会社 沖縄環境分析センター

代表者名
代表取締役社長 渡久地 博之
SDGsへの
具体的な取り組み

●「安全な水の確保」

水環境調査を通して、水資源の保全・再生の提案を行うとともに、国際規格に適合した水道水検査試験所として、市町村水道水検査を実施しています。このことにより、県民や観光客のための安全な水の確保を行います。

●「海と森(山)の豊かさを守る」

公共団体や民間からの各種の依頼業務を通して、陸域生態系及び海域生態系の保護・保全を図り、「森林の保護」、「緑化木の保全」、「サンゴの再生」、「外来種の侵入防止」等に取り組んでいきます。

●「環境方針(2019 年 4 月制定)」の励行

・法令順守による環境マネジメントシステムの維持・管理、継続的改善に努めます。
・環境調査・分析・測定及び地域環境づくりを通じ、環境の保全と保護に努めます。
・3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進し、循環型社会形成に努めます。
・地球温暖化防止のために、電力や空調、照明などを節減し、エネルギー削減に努めます。
・社会貢献の一環として、本社および周辺道路の清掃活動を実施し、地域社会へ貢献します。

●「経営方針(2019 年 4 月制定)」の励行

・お客様ヘ正確で信頼ある情報を提供する。・社員ひとりひとりが知識と技術を向上させる。・社員の幸福と事業の継続的な成長を目指す。

●「働き方改革、平等」の実践

当社は、「沖縄ワーク・ライフ・バランス企業」に認定されています。ジェンダー育休、フレックスタイムの導入、介護休、育児短時間勤務の導入、社員の健康診断受診、年次有給休暇取得の促進、所定外労働の削減等の措置を実施しており、2030 年に向けて、男性育休取得率向上や育休・介護休等の取得率向上を目指します。

(SDGs の取組の社外・団体外への発信)
当社ホームページにおいて、次の情報を発信しています。【https://www.oeac.co.jp/】

・「SDGs こどもネット相談室(みんなの Q&A)」→こどもからの質問を通して、2030年の地球環境を考えるコーナーです。2030 年には“おとな”になっている小中学生と、SDGs について考えたいという思いから、このコーナーを作りました。地球の健康診断をしている環境分析のプロと一緒に、2030 年の地球環境を考えます。
・「SDGs ギャラリー」→当社の SDGs への取組みを画像や動画で紹介します

住 所
電 話
H P
PR動画

登録企業・団体一覧へ

TOP