登録団体一覧

株式会社クガニ

代表者名
代表取締役 上間 宏明
SDGsへの
具体的な取り組み

●食品残渣から自然エネルギー肥料・飼料へ(脱炭素)

一般廃棄物処理事業で集まった食品残渣をアメリカミズアブの幼虫を活用することで、電気、燃料を使用した発酵機械よりも短期間かつ低コスト、環境に優しい自然エネルギー肥料を生産します。また、アメリカミズアブは家畜・水産動物の飼料としての整備を進めます。

●無農薬・無化学肥料・循環型農業(自然環境の保全)

自然エネルギー肥料を用いて農作物を育てるのと同時に、今ある環境を最大限利用する形で『アクアポニックス農法』を採用した水生野菜を栽培していきます。現在ある養殖池、広大なハウス、微生物の活用、近くを流れる水源を利用した循環型ファームを作り、電気に頼らない自然のサイクルで農作物を生み出します。

●将来の食糧危機への対応(産業と技術革新の基盤)

家畜や水産業魚粉の供給不足が懸念されている中、アメリカミズアブは高いタンパク源として世界から注目されている飼料であり、それを用いて鶏などの家畜・水産動物や未来の食糧危機問題の解決策としての昆虫食を飼育し、機械に頼らない自然サイクルの中で人々へ安心・安全な食の提供を行なっていきます。
「食品残渣から食卓まで」をコンセプトにそれらの循環型システムを確立し、地域の雇用創出・経済活性化(働きがい・経済成長)を実現します。そして地域の環境を守り続けていきます。

地域ブランド化活動(つくる責任)の一つの取り組みとして、沖縄県内並びに県外のエンタメ業界とのタイアップ企画(パートナーシップ)も進行中です。

住 所
電 話
H P
PR動画

登録企業・団体一覧へ

TOP