登録団体一覧

沖縄県産業廃棄物処理協同組合

代表者名
代表理事 宮城 晃
SDGsへの
具体的な取り組み

当組合では産業廃棄物の収集運搬、処分、組合員企業の事業活動を通して無理なく計画的に実行できる事を前提に SDGsへの取組を沖縄 21 世紀ビジョンの取組内容とリンクさせながら活動してまいります。

・技術的・職業的スキル向上を目的に組合の費用負担にて社外研修、関連資格取得を促進し個々の能力を高め生産性向上に繋げる。

▶職務に必要な資格は全員取得、その他、危険物取扱者、第 2 種電気工事士、その他資格を受験する職員に対し組合で費用負担を行い生涯学習の風土をつくる。

・働き甲斐がある職場を目指し全ての職員の発言や提案に耳をかたむけ積極的にチャレンジし易い風土をつくる。

▶働き甲斐がある職場であり、年齢性別を問わず同一労働同一賃金で公平公正な賃金体系及び有給休暇の 8 割以上の消化が出来る風土をつくる。

・事業を通じてお客様(排出事業者)へリデュース・リユース・リサイクルを案内し出来るかぎり環境に優しい処理方法を提案する。

▶廃棄物の排出事業者に対し出来る限り環境負荷がかからない処理方法をプロとして提案し再利用を促進する。

・県主催の不法投棄パトロールや清掃作業、西原町主催、地元通り会主催の清掃活動や組合の近隣もゴミ拾いや草刈りを行う。参加企業の担当者様とコミュニケーションを行い不法投棄や廃棄物の適正処理方法についても情報交換を行っています。

▶排出事業者が廃棄物の正しい分別方法を習得出来るよう関わる事業者へ廃棄物の適正処理方法や 3R を促進し企業間で環境負荷を低減し持続可能な社会づくりに貢献する。

住 所
電 話
H P
PR動画

登録企業・団体一覧へ

TOP