登録団体一覧

株式会社フードリボン

代表者名
代表取締役社長 宇田 悦子
SDGsへの
具体的な取り組み

フードリボンは、未利用物や廃棄されていたものを生まれ変わらせ、高付加価値をつけることで商品化するプロデューサーとして、事業を展開している。

1.シークワァーサーまるごと製品化(2017年~現在)

・やんばる「奇跡の森」を擁する大宜味村で育つシークヮーサーを、あますことなくまるごと活用してジュースやスキンケア、アロマオイル、サプリメントなどに製品化し販売している。(シークヮーサー果汁を絞った後に残る果皮の大部分は未利用のまま廃棄されていた)
・大宜味村おばぁの教え「何事にも感謝の気持ちを持つこと」を軸に、これらの製品は全て「KISEKI LABEL(キセキ・レーベル)」ブランドとして商品イメージを統一。食物ひとつとっても細部まで価値を見出し、大切に感謝して使う姿勢を体現したブランドイメージを、消費者の心へ印象づけることを目指した。
・事業の売上げの一部を、やんばる3村世界自然遺産登録推進協議会に寄付(2018年度)。今後も実施予定。世界自然遺産登録の支援により、シークヮーサーを育む「奇跡の森」の保護に資することを意図している。

2.パイナップルリーフまるごと活用(2019年~現在)

・パイナップル収穫後に畑に放置されていた葉の部分を活用して天然繊維と環境にやさしいプラスチック代替製品を製造販売する。売上げの一部を海洋汚染対策費用として活用する計画である。
・パイナップル生産農家を支援し、持続可能な産業として展開していく。パイナップルを生産する過程で吸収されるCO2量は、綿花栽培する過程で吸収されるCO2量の4倍と大きい。既存のパイナップル植生を保ち、葉を活用した天然繊維を推進することで、気候変動の緩和にも資すると思料する。

住 所
〒905-1304 沖縄県国頭郡大宜味村字饒波2216-1
電 話
098-917-1830
H P
https://food-reborn.co.jp/
PR動画
株式会社フードリボンの画像

登録企業・団体一覧へ

TOP