登録団体一覧

サンワコムシスエンジニアリング株式会社沖縄支店

代表者名
支店長 小島 弥寿政
SDGsへの
具体的な取り組み

「世の中の“ 繋がる”をつくり、人と人とを結ぶ仕事!」をモットーに、電気通信企業として沖縄県の「繋がる」を支え、インフラ整備に貢献し包摂的で持続可能な産業化を推進。情報通信、電気設備の総合エンジニアリング企業としてスマート社会の未来に貢献します。また、沖縄支店独自で我々が出来る身近なことからSDGsの推進を行っています。ゆいまーる精神を大切にし、地域と密着した取組や、沖縄県の健康、長寿の復活を目指し、健康経営の継続と発信を実施しています。

①通信建設会社として沖縄県の通信インフラ発展の役割を担い、信頼のある、かつ安全で質の高い工事遂行への取組。
②地域のこども食堂への食糧・衣類寄付。
③地域の公園清掃への取組み。
④社内で健康推進プロジェクト(健康経営)実施。(ウォーキングを推奨し歩数を社員間で競ったり、ダイエットチャレンジや健康講話の開催、残業減への取組、社内にぶら下り器や足つぼマット・血圧計・体組成計の設置等)
※上記内容で2020年に県が主催する「がんじゅうさびら表彰」へ応募し、グランプリを受賞。
⑤社内緑化活動の推進。(社屋内外に積極的に緑を植樹。また、沖縄県の県蝶に制定されているオオゴマダラのえさとなるホウライカガミを栽培。オオゴマダラの生息環境の手助けとなるよう配慮している)※実際に今年夏には産卵(6~7個)されており、幼虫からさなぎ、羽化へと成長した。
⑥社員のSDGsへの教育・意識定着を推進、自らできることからの実践。(エコバック、マイカップ、マイハシ、マイストロー、マイタオル等)
⑦古切手・古はがき回収を行い、ユニセフへの国際協力活動への取組。
⑧社内にて野菜栽培の取組。(将来的にはこども食堂への寄付検討)
⑨電気使用量削減の為、15時に設けている10分間の休憩時間と12~13時の昼休憩時は消灯。(LED電気への入替えも検討中。)

住 所
電 話
H P
PR動画

登録企業・団体一覧へ

TOP